BACK
イワン
Last Update:08/28(水) 23:47

[←Back]   [No.66]   [Next→]
よみがなイワン
学年1年生
性別
所属黒麒麟学院
戦闘スタイル格闘・武器
私書箱will
勝敗1勝1敗
性的ペナルティの可否可(但し非公開)
出身ロシア
一言、予定よーろーしーくーね?


 ▼Comment
○個人情報
身長:169cm
誕生日:忘れた

○外見、服装
赤髪。前髪は目元を隠すくらいに伸び、横と後ろは先端が肩に触れる程度。
至って普通。パッと見はスマートな印象だが、それなりに筋肉はある。
やや不健康な白い肌。

ゆるゆるだぼだぼの格好を好むためか、学院の制服はかなり着崩している。
私服としては、紺のダメージジーンズと白いぶかぶかのパーカー、少々ぼろいサンダル。

○性格
単純で我儘。

へらへらとしていて、とりあえず自分がやりたいと思ったことだけをやりたがる。
興味の無いことに関して興味を抱くことはなく、逆に面白いと思ったことは徹底的にやる。
気に入らないと判断した相手は敵視して、気に入った相手にはべったりする。


○戦闘能力
服の下に仕込んだ投げナイフなどの暗器の使用がメイン。
暗器が無い場合は、石が落ちてれば取って投げるし、棒があればそれで殴り付ける。
特に戦い方に流儀を重んじるわけでもなく、卑怯だと言われることでも平気でする。

■仕込んでるもの
・投げナイフ
掌に収まるくらいの大きさの投げナイフ。
痺れ薬を塗っているものもある。

・分銅付き鎖
細めの鎖の先端に六角の分銅がつけられたもの。
振り回したり、巻きつけたりする。

・スーパーボール
普通に売ってる良く跳ねるアレ。
地面や壁の反射を利用しての撹乱などに使う。

○知ってる人
棗 朱乃、比嘉ロッソ、日下 実、(夜月 司)

○背景
ロシアで生まれ育つ。
中学に入るまでは至って普通ではあったが、『 大海進 』に加えて父親の多額の借金により一家離散。
それまで無縁だったマフィアの世界に足を踏み外すことになる。

運よくこれまで生き残ってこれたということで、
本格的に構成員として組織で動けるように教育を兼ねて黒麒麟学院へとやってきた。

○PLサイド
中文メインでの10~20分くらいを目安に。シチュによっては長考することアリ。
◎:仕合、グロ、会話、色事、シリアス、その他諸々
?:恋愛
NG(権限含む):スカ、長期隷属。

性的ペナルティを仕掛けることが非常に多くなると思います。
ほぼ先入りのつもりですが、後入りされる際にはご留意ください。

加筆・修正することがありますが、ご了承ください。

[←Back]   [No.66]   [Next→]
Pass:
Miniりすと v4.01