トップページ > 記事閲覧
中央区及び周辺施設
投稿日 : 2019/08/25(Sun) 19:49
投稿者 Admin
参照先
中央区及び周辺の施設です。
参加者の皆さまで自由に追加が出来ます。

【公式施設】
<緑地エリア>
公園と森林で構成された区画。
公園:四季折々の花が植えられた花壇や広々とした芝地のほか、テニスコート等のスポーツ施設も併設されている。
森林:人工林と思えない程に大規模且つ自然豊かであり、島内の材木の供給の他、森林浴やハイキングも楽しめる。

<海洋公園>
緑地エリアに隣接した人口の砂浜を擁する公園。
砂浜:海底に沈んだ海岸から採取した砂を使用した砂浜であり、昼は海水浴、夜はナイトパーティなどで楽しまれている。
海水浴場:深海の上にある人工島でも海水浴が楽しめるように、砂浜から1km先までは最も深い場所で水深2m(満潮時)ほどとなっている。
海水浴場の外側:南西地区と南東地区のとメガフロートに挟まれた入り江自体が平均水深10m程(干潮時)となっており、
大型の船舶が入れないのでマリンスポーツも安全に楽しめるようになっている。
※イメージ的に近いのは与那覇前浜ビーチ。

<ショッピングモール>
南東地区との境に作られた、複数の企業や店舗の共同出資により運営されている大型商業施設。
観光施設としての側面も持ち、遊園地、映画館、劇場、ホテルなども併設されている。
島民にとって必要な物が何でも揃う、重要な生活基盤にもなっている。

<ホットスパ>
緑地エリアと海洋公園に跨る大きな人工の温泉施設。
温泉水は深海の熱水鉱床より入手しており、溶け出した鉱物を採取した後、この施設への提供されている。
ミネラル分の調整などで様々な効能を再現した温泉のほか、サウナ、岩盤浴、マッサージ、エステなどを楽しむことができる。
なお、施設の一部は男女共用で、水着を着るのがマナー。

<アルトゥムタワー>
入り江に聳え立つ、島内最高の700mの塔であり、人工島の象徴ともいえる中枢区画のひとつ。
月替わりで企画展示が催され、花壇のある本土の気候を再現したフロアでは季節ごとの花が多数咲いたり…など、観光施設としても役立って

います。
他にも商業施設や電信施設が併設されており、最上部の展望フロアからは人工島が一望できます。
また、行政機関や司法機関も置かれており、人工島の管理運営、各種裁判をそれぞれ担当しています。
この塔へは水上バスに乗るか、海洋公園から伸びる水中通路(動く歩道あり)を通ると訪れる事が出来ます

<中央図書館>
南西地区との境にある、Proelium行政庁が管理する図書館。
この時代の図書館の殆どは電子化されているので、物理的な図書館の必要はないものの、
貴重な書籍・文献の修復や保存の為の施設も兼ねて、蓄積型文化施設の本分に立ち返り、
古い時代から最新のものまで、出版物を中心に収集・保管・利用者への提供を担っている。
蔵書数は国会図書館程ではないが、地方都市の図書館を軽く凌駕している。

<403番地>
緑地エリアと北地区との境にある、番地以外が公文書から削除された区画。
以前は住宅地だったが、何らかの事故、若しくは事件によって廃墟となり、今は放置状態となっている。
その為か、柄の悪い学生たちがたむろするので治安悪化も著しく、行政府により立入禁止区画に指定された。
この場所で非公式な決闘や違法な取引も行われるので、被害に遭っても自己責任となる。
※こちらに入室のロールをする際は、「PCにとって」危険な場所であることを理解した上でご利用ください
記事編集 編集
件名 スレッドをトップへソート
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント

- WEB PATIO -